勃起不全の原因・症状・治療方法まとめ

勃起不全 概要

まず始めに勃起不全(ED)とはどのような症状なのか?

これらを理解しておかなければ、ED治療薬を服用しても十分な効果が期待できない可能性があります。

「なぜ、勃起不全になってしまうのか?」

「勃起不全とはどのような症状なのか?」

「正しく治療するにはどうすれば良い?」

これらの疑問を解決するべく、TATSUYAが独自で調べた勃起不全に関する原因・症状・治療方法について紹介していきたいと思います。

▶ ED(勃起不全)とは?

▶ 勃起のメカニズム

▶ 勃起不全の原因

▶ 勃起不全の症状

▶ 勃起不全の治療方法

ED(勃起不全)とは?

【勃起不全とは】

勃起不全(ED)

勃起不全(ぼっきふぜん)とは、男性の性器に関係する病状の1つです。

ペニスの陰茎部の勃起作用・勃起の維持・性行為が正常にできない状態になってしまう事です。

この勃起不全になってしまうと、性行為を行うタイミングになったとしても75%以上の確率で性行為が行えないとされています。

勃起不全以外にも、勃起機能障害・勃起障害・陰萎・性的不能などとも言われています。

また、ペニスの硬さ不足であったり、性行為中にペニスの勃起を維持できなくなってしまう中折れもこのED(勃起障害)に該当します。

【勃起不全と性機能障害と加齢】

勃起不全(ED)

EDと呼ばれている勃起不全はSDと呼ばれている性機能障害と同じように思われがちですが、性機能障害(SD)に関しては「勃起作用・性欲・性交・射精・オーガズム」のいずれかが欠けている場合と定義されています。

よってEDはSDの中に含まれている1つになるのです。

また、勃起不全と加齢の関係性は十分にあるとしています。

そもそも、年齢を重ねる事によって性行為をする機会やタイミングも減ってきます。また、男性ホルモンの1種であるテストステロンも減少し、精巣そのものにも多少の萎縮が現れてくるでしょう。

ただ、60歳以上の老人クラブ員を対象に実施された性欲の有無に関する調査結果としては、「性欲がある=90%」という結果になり、その内、おおよそ40~60%の男性が性行為を望んでいるとしています。

結果的にみると、男性は性欲に関しては年齢を重ねてもなくなるものではなく、なにかしらの原因でED(勃起不全)になってしまい、性行為ができない状況になっているのです。

【勃起不全(ED)の歴史】

勃起不全という名称に関しては、そこまでの知名度がなく日本人男性の認識も低いのが現状です。

元々は、勃起不全はインポテンツ(impotenz)と呼ばれていました。ですが、インポという定義には曖昧な部分が多いという理由と侮蔑的な意味を含んでいるというイメージもあったため、今ではインポと呼ばれる事も少なくなり、勃起不全という名称とその定義がハッキリしてきているのです。

(以前の定義は「性欲・勃起作用・射精など、これらの1つでも欠けているとインポと呼ばれていました)

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

勃起(ぼっき)とは生理現象の1つで、男性の場合には陰茎と呼ばれるペニスと女性の場合には陰核と呼ばれるクリトリスや乳首が硬くなり起つという状態です。

女性にも該当している勃起に関してですが主に男性の陰茎に関しての方が多く呼ばれています。

当サイトTATSUYAでも勃起に関しては男性向けの表現として使用しています。

基本的には性的な興奮や尿が膀胱に溜まったときに起こったり、朝立ち(夜間陰茎勃起現象)と言われる朝起きたときに勃起している状況や日中に自然と勃起する人もいます。

男性における陰茎は、通常柔らかい状態です。

これが性的な刺激を感じる事によって脳が興奮状態になり、興奮に対する情報が脊髄を通り、勃起中枢に伝わっていきます。

その後、ペニスの陰茎海綿体の神経に届いていき、海綿体の中で一酸化窒素が血管や筋肉に作用してサイクリックGMO物質が増えるのです。

サイクリックGMPと呼ばれる物質が増え、海綿体の筋肉が緩み、血管が広がってペニスに血液が流れていくことによって普段は柔らかい状態になっているペニスが勃起作用を起こし、反り起っていきます。これを勃起と言います。

ですので、ED治療薬を使用して勃起作用を促す際にも、基本的には性的な興奮や刺激がないと勃起しないのです。

勃起不全の原因

勃起不全 原因

勃起不全にはどのような原因が考えられるのでしょうか?

勃起不全にもいろんな原因があります。現状EDに悩まれている方は下記にまとめている項目に該当している可能性が高いので、よく確認してみましょう。

【心因性ED(心理的な原因)】
・心因性のEDは、日頃のストレスやメンタル的な部分が原因となる「現実心因」と、心(精神・メンタル)の深い部分が関わる
「深層心因」に分けられます。
【加齢によるEDの原因】
・加齢によるEDは、単純に年齢によってペニスに流れる血液や神経に障害が発生し、勃起機能が衰えてしまう事による原因が考えられます。
【生活習慣病による勃起不全の原因】
・不規則な生活習慣などによるEDは、糖尿病や血圧高めの場合に血管や神経などに問題が発生し、ペニスに流れる動脈硬化が進む事によって起こりやすくなってしまう混合型EDです。
【神経障害によるEDの原因】
・神経障害によるEDは、なにかしらの原因によって神経に障害が発生すると性的興奮を受けた脳がうまく興奮作用を伝えることができずに起たせることができなくなってしまいます。
【手術・外傷によるEDの原因】
・手術や外傷によるEDは陰茎と密接な関係にある前立腺や膀胱のガン摘出手術などによって、神経や血管の一部を摘出することによって起こります。その他、外側の傷が原因となり、勃起不全を起こす事があります。
【服用している薬によるEDの原因】
・薬によるEDは、主に「中枢神経・末梢神経・循環器系・消化管」に作用するお薬を服用した場合に、副作用などによってEDになってしまう事もあります。
【その他の勃起不全の原因】
・その他の原因としては、前立腺肥大症・精巣静脈癌・泌尿器科系の疾患によってEDとなる場合があります。ホルモンバランス低下や持病、生まれつきの原因によって起こるEDもあります。

勃起不全の症状

勃起不全 症状

勃起不全の症状はいろんなパターンが考えられます。

ここで、ED患者の多くに考えられる症状をまとめてみましょう。

(陰茎=ペニスという表現とさせて頂きます)

・性欲はあるのにペニスが大きくならない。

・ペニスは大きくなるけど、硬くならない。

・ペニスは硬くなるが、挿入するには不十分。

・挿入できる程度の硬さだが、完全まではいかない。

・ペニスがは硬く、硬直している状態。

・ペニスは大きく、硬くなるが途中で萎えてしまう。

これらの症状を少なからず感じてしまう男性の皆さんは恐らく勃起不全に該当するか、勃起不全予備軍と言えるでしょう。

不安な方は、専門のクリニックで相談するか、ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)などを服用してから性行為に挑戦してみましょう。

勃起不全の治療方法

勃起不全 治療方法

では、ここまでED(勃起不全)に関しての原因や症状、勃起のメカニズムについてまとめてきましたが、実際にED患者になってしまった際にはどのような対処や予防、治療方法があるのでしょうか?

性的興奮を感じられれば、勃起作用を働かせるだけですので、アナタに合った治療方法でゆっくりとEDを改善していきましょう。

まずは、ED患者の治療方法を含めて、その他にも対策や予防についてもまとめてみましょう。

【ED治療専門クリニックで治療】

まず、ED治療の専門クリニックに出向いて治療するパターンが考えられます。

基本的な治療方法に関しては、相談から始まり症状を伝えて、状況によってバイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬を処方されます。

薬を処方されて様子を見る事も多いですが、やはり、専門医に相談している安心感も改善効果の1つと言えるでしょう。

【ED治療薬を購入して服用する】

ED治療薬にはこのページや他のED治療薬ページでも紹介していますが、やはり勃起力を高めるのにはED治療薬が効果的と言われています。

病院に行くのが恥ずかしい、試しにED治療薬を通販で購入したら十分な効果が期待できた、バイアグラ飲んで勃起力が高まった・維持できた、というようなED患者の声は意外と多いです。

通販では偽物も出回っていますので、安心・安全性の高い医薬品サイトをしっかりと見極めて購入しましょう。

【病院や薬に頼らず根本的に改善・対策する】

まず、薬や病院に頼るのではなく、自分自身で生活習慣を見直して改善してくパターンもあります。

この治療方法で考えられるのは、「血液の改善・血行促進」「運動不足解消」「中折れ解消ストレッチ」「たんぱく質・ビタミン補給」などがあります。

ただ、これらで事前対策・ED治療できる可能性は少ないかもしれません。実感も沸きづらい部分がありますので、最終的にはED治療薬に頼る方が多いようです。

【勃起不全(ED)に関する原因や治療方法の動画を見てみる】

▶ バイアグラ(viagra)|勃起不全に効果的なED治療薬の詳細

▶ レビトラ(levitra)|勃起不全に効果的なED治療薬の詳細

▶ シアリス(cialis)|勃起不全に効果的なED治療薬の詳細