【最新版女性用ピル】経口避妊薬と緊急避妊薬の効果・副作用まとめ

最新版ピルの利用方法や効果・副作用についてまとめていきます。

通常、ピルには低用量ピル(毎日服用する経口避妊薬)と性行為の後に緊急的飲む緊急避妊薬(アフターピル)と呼ばれる避妊薬があります。
この経口避妊薬(低用量ピル)と緊急避妊薬(アフターピル)の違いなどについてまとめましたので、利用中の方も興味のある方もぜひご覧になってみてください。

ピルの驚きの効果

ピルを服用することで実は様々な効果を得ることができます。
ピルには避妊・生理不順の改善・女性ホルモンの改善などが期待されており酷い生理痛に悩まされている女性などは毎日服用する低用量ピルを続けることで痛みの緩和などが期待できます。
また緊急避妊薬と呼ばれるアフターピルには性行為での不用意な膣内射精による望まない妊娠を防ぐ効果が期待できます。もちろん性行為をする上では妊娠を目的としない場合には避妊対策をしっかりと行う必要がありますが、避妊具(コンドーム)が破けてしまっていたりする場合などもあります。
そんな時に活躍するのがアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬なのです。

低用量ピル


《低用量ピル》
経口避妊薬と呼ばれる低用量ピルの成分にはエストロゲンとプロゲステロが含まれております。この類似ホルモンの成分を体内に取り込むことで女性の排卵を抑制する効果を得ることが出来、男性が着用する避妊具であるコンドームより更に避妊効果が高いとされています。飲む間隔をしっかり守って服用することで避妊率はほぼ100%と言われております。
また経口避妊薬の特徴は避妊だけでなく避妊効果以外にも女性特有の症状である生理の痛みを緩和することができたり、生理の周期を整えてくれる、また肌荒れを抑えてくれれ効果まで期待でき、更に子宮癌になる確率が下がるとさえ言われています。
この低用量ピルですが比較的安価で手に入れることができるお薬ではトリキュラー、フェミロン、ヤスミン、オブラル L、ダイアン35など1日100円も掛からずに購入できる薬も多くあります。

アフターピル

ピル
こちらは毎日服用するタイプのピルではなく、緊急の時にだけ服用するタイプの避妊薬となります。
あくまで望まない妊娠を緊急的に避けるために用いるピルです。ホルモン剤を体内に取り込むことにより精子による受精卵の着床を防ぎます。欧米では一般的に広く知られており日本でも普及しています。
こちらはあくまで緊急的なお薬ですので男性が着用する避妊具(コンドーム)が敗れてしまっていたり、望まぬ膣内での射精に対して効果を発揮します。
アフターピルは性行為後にできる避妊法として、常備しておくことでとても安心することできます。
こちらのアフターピルですが有名なお薬はアイピルや、服用を続けても良いロエッテなどがあります。

ピルの副作用

ピルを服用することで場合によっては頭痛・吐き気などの副作用の報告があります。
腹痛などを感じてしまう方もおりこれはホルモンの変化の為、比較的短時間で治まるとされています。
ですが自己判断はせずに服用している際に異変を感じた場合には速やかに使用を止めて医師の診断を受けられてください。

別途軽い症状では、体のむくみだったり体重の増加などがあるようです。

経口避妊薬と緊急避妊薬

経口避妊薬と緊急避妊薬の違いについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
日常的に服用するタイプと緊急時に服用するタイプの違いではありましたが、効果については違いもある為、ご自身に合った形のお薬を選ぶことが必要です。
また性行為の避妊効果として低用量ピルと男性が着用する避妊具(コンドーム)を同時に利用することで各段に避妊効果が上がるとされていますので、不安な方はどちらも利用することが良いかもしれませんね。

以上、【最新版ピル】経口避妊薬と緊急避妊薬の効果・副作用のまとめでした。

関連記事

コメントを残す