バイアグラ(viagra)|勃起不全に効果的なED治療薬の詳細

バイアグラ

バイアグラ(viagra)とは、男性の勃起不全・勃起機能障害・陰萎・性的不能に効果的な医薬品です。

男性におけるED(勃起不全)の悩みを改善する為に研究が進み、大手製薬会社のファイザー社が世界初のED治療薬として1998年に製造販売を開始しました。

ED治療薬が販売されるまでは、EDに悩んでいる男性が大変多く、アメリカで発売された当初は男性にとって「夢の薬」と呼ばれるほどの爆発的な支持を得たのです。

このバイアグラには有効成分にシフィルデナフィル(Sildenafil)が含まれているのが特徴です。シルデナフィル成分の効き目が出る事によって、陰茎におけるペニスの起ち具合をを促進させる効果が期待でき、勃起の力を高めてくれます。

日本国内での販売に関しては、アメリカよりも1年遅れの1999年に製造販売承認を取得しており、日本人にもアッという間に広まっていきました。

シルデナフィル成分を含むバイアグラは世界規格では用量を25ミリグラム/50ミリグラム/100ミリグラムとしていますが、日本国内において承認されている取り扱い可能な規格は25ミリグラムと50ミリグラムのみです。

※国内で販売・処方しても良い正規バイアグラの規格は25mg/50mgとしていますので、100mgの取り扱いはございません。もし、国内で100mgを販売していたら注意が必要です。

また、バイアグラを国内で入手する際には、専門の医師の処方箋が必要で「処方箋医薬品」に該当します。海外から直接VIAGRAを輸入する際には個人で一定の量を購入する事ができます。

▶ シルデナフィル(Sildenafil)成分について

▶ バイアグラの正規品詳細

▶ バイアグラ|効果・効能

▶ バイアグラ|飲み方・服用方法・使用方法

▶ バイアグラ|副作用・注意事項・併用禁忌薬

シルデナフィル(Sildenafil)成分について

シルデナフィル(Sildenafil)成分

バイアグラの主成分とする有効成分のシルデナフィルクエン酸は、勃起障害・性機能障害に効果的なのはもちろんの事、肺動脈肺高血圧症の改善をしたい方にも有効です。

ED治療薬としては、前途している通りバイアグラとして販売されていますが、肺動脈高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が使用されています。

バイアグラが開発された経緯も紹介したいと思います。

シルデナフィルクエン酸塩成分は、もともと、狭心症の治療薬を作る為に研究や開発が進められていました。しかし、第一相臨床試験で狭心症に対しての治療効果はあまり良くない結果となってしまったのです。

そこで、研究や試験を中止することが決まるのですが、被験者が余った試験薬を返却することを拒み、その理由を問い詰めたところ陰茎の勃起を促進する効果が認められ、後々研究が進んで適応症として発売されたのです。

このシルデナフィル成分を含むバイアグラは、今では正しい服用方法なども紹介されていたり、処方箋医薬品として販売されているので安心して服用できますが、昔は、狭心症を患っている高齢者たちが勝手に個人輸入して性行為を行ったりと、比較的自由に購入できており、そのことが原因で心停止になり死亡するという事件も多かったようです。

そのような事件もある事から処方箋医薬品として正規販売する運びとなったようです。

用量・用法を守って正しく服用すれば、勃起力やペニスの硬さなどが強化される効果を得られますが、併用禁忌薬など、シルデナフィル成分とマッチングしない医薬品もありますので、服用する時は気を付けましょう。

バイアグラの正規品詳細

バイアグラの正規品詳細

【商品名(正規品名称)】
バイアグラ
【英語表記】
VIAGRA(viagra)
【販売元メーカー】
ファイザー株式会社(Pfizer Inc)
【服用のタイミング】
性行為、性交渉をする約1時間前を目安に服用する
【効果持続時間】
おおよそ5~6時間前後(体質や体調によって異なる可能性有)
【販売参考価格】
専門クリニック→1.300円、通販・個人輸入→1.100~1.300円(※1錠での目安金額)

バイアグラ|効果・効能

効果・効能

バイグラの効果は男性の勃起不全勃起障害に有効とされています。

性行為をする約1時間ほど前にバイアグラを服用することによって、ペニスの血行を促進して勃起力を高めてくれます。

1時間前を目安に服用した際の持続時間としては、おおよそ5~6時間を目安にしてみましょう!

また、バイアグラなどのED治療薬は薬の成分に含まれいるシルデナフィル成分そのものが食事アルコールには弱いとされていますので、服用するタイミングも重要になってきます。

極力、空腹時に服用する事によってバイアグラの作用や効き目を最大限に発揮できるようにするのがオススメです。どうしても間食や食事を摂る際には、食後から時間ほど経った後にバイアグラを飲むようにすると良いです。

アルコールに関しては、飲み過ぎない程度のお酒の量であればリラックス効果も生まれて良いのですが、飲み過ぎには注意が必要です。薬そのものの効果をゼロにしてしまう可能性が高くなりますので、覚えておきましょう!

・持続時間はおおよそ5~6時間を目安にする。

・食事は摂らずに空腹の方が効果が出やすい、実感しやすい。

・食事のタイミングと重なる場合には、食後2時間ほど経過して服用するのが良い。

・アルコールは少量であれば、リラックス効果が得られるが、多量摂取はバイアグラの効果が半減する。

バイアグラ|飲み方・服用方法・使用方法

飲み方・服用方法・使用方法

バイアグラの服用方法は、基本的には1日に1錠を服用します。

前途している通り、服用するタイミングは食事から1時間ほど前に水かぬるま湯で服用するようにしてください。

バイアグラには20mg/50mg/100mgと複数の種類がありますが、まずは、少ない25mgから服用してみると良いでしょう。

50mg/100mgを購入した方は、錠剤を半分にカットできるピルカッターなどを使用して下さい。

1日に1錠までの服用としていますので、それ以上の服用は危険です。副作用が起こりやすくなってまったり、バイアグラの効果も十分に発揮できない可能性が高まります。

2回目以降の服用に関しては、必ず24時間(1日)以上の間隔をあけてから服用します。

・1日に1錠まで。

・2回目以降は24時間以上の間隔をあけること。

・服用方法は水、又はぬるま湯。

・服用するタイミングは性行為から1時間前、空腹時は30~45分くらい前。

バイアグラ|副作用・注意事項・併用禁忌薬

バイアグラ副作用・併用禁忌薬

ED治療薬バイアグラの副作用は、主に「動悸・軽い頭痛・顔の火照り・鼻づまり」などがあります。

副作用は、サプリではほとんどありませんが、医薬品の場合にはどのような薬でも発症する事がありますので、副作用についてはある程度理解しておく必要があります。

上記に書いた副作用は、バイアグラを服用した方の約9割に発症していますので、それほど気にしなくても良いです。

ただ、バイアグラの持続時間5~6時間を超えても収まらない場合には、医師に相談することをオススメします。

バイアグラには、血管を拡張する作用がありますので、多少なり血圧も低下します。頭痛などがひどいようでしたら、バファリンなどの頭痛薬を服用しても問題ないですが、長時間収まらない時は、やはり病院に行くのが良いでしょう。

また、バイアグラに関しての注意事項としては、現在病気にかかっていたり、治療中、手術後など、一定の条件に該当する方は服用できず、併用禁忌薬と呼ばれているバイアグラと併用して服用する事ができない薬が何種類もあるのでこちらも注意が必要です。

下記に、おおまかな情報をまとめています。どうしてもバイアグラを服用したい方は専門の医師に相談しましょう。

【バイアグラを服用できない、注意が必要な方】

・既婚者を除く、未成年のED患者さん。

・直近半年(6か月)以内脳梗塞、脳出血、心筋梗塞になった方。

・バイアグラ成分のシルデナフィルに対してアレルギーや過敏症の方。

・硝酸剤や一酸化窒素を使用している方。(ニトログリセリンなど)

・性行為そのものが難しいとされる心血管系障害の方。

・肝機能に重度の障害を患っている方。

・もともと、極度の低血圧や高血圧の方。

・網膜色質変性症と診断されている方。

・経口剤を服用している方。(塩酸アミオダロンなど)

【バイアグラの併用禁忌薬(飲み合わせが悪い薬)】

・アイスラール錠・アイトロール錠・アイロクール錠20ミリグラム・亜硝酸アミル

・アパティアテープ・アンタップ/R・ニトロールRカプセル・イソニトール錠20

・ニトロール持続静注25mg・シリンジ・イソモニット錠20mg・エスタット錠5mg・L-オーネスゲン錠・

・カリアントSRカプセル20ミリグラム・ニトログリセリン舌下錠0.3mg[NK]・ニトロペン舌下錠0.3ミリグラム

・コンスピット錠・サークレス注0.05%/0.1%・バソレーターテープ27mg・サワドールテープ40mg

・リベラステープ・ミリスロール注25mg/50ミリリットル・ミオコール注5mgミリグラム・・・etc

▶ バイアグラの併用禁忌薬一覧はコチラ

ED治療薬のバイアグラは男性の勃起不全などの症状に良い効果を発揮してくれますが、間違った服用方法や過剰摂取などをしてしまうと危険も伴います。

しっかりと医師の指示に従って服用するか、安心・安全な通販サイトなどで購入して服用することをオススメします。

また、通販での購入や個人輸入通販を利用して、バイアグラを購入予定の場合には、ニセモノの購入には十分な注意が必要です。

▶ レビトラについて詳しく知りたい

▶ シアリスについて詳しく知りたい